平成29年11月より、主務省令で定められた基準に適合していると認められた、優良な監理団体・実習実施者に限り、さらに2年間の第3号技能実習を実施できることとなりました。

 

第3号技能実習を行うためには

第3号技能実習へ移行するためには、実習生が第2号技能実習で設定した目標=各職務についての3級の技能検定、又はこれに相当する技能実習評価試験の実技試験に合格することが必要です。
また、第2号技能実習の修了後、実習生は1か月以上の帰国をすることが定められています。

この帰国期間の後、速やかに第3号技能実習 を開始するために第2号技能実習が修了する6か月前までには、これらの受検をすることを推奨します。
なお、第2号技能実習の期間中に受験できるのは2回までです。
(再受験が1回に限り認められます。)


技能実習計画の認定申請

第3号技能実習を開始するためには、技能実習計画の認定を受けなければなりません。
申請は、技能実習開始予定日の6か月前から可能ですが、「定められた1ヵ月以上の帰国期間」を考慮すると、第2号技能実習を修了する予定日の4ヵ月前までに申請を行うことが必要となります。

在留期間の満了日の3ヵ月前を過ぎてから申請をした場合、第2号技能実習が修了して1ヵ月以上の帰国の後、速やかに「技能実習3号」への在留資格変更許可を受けることが困難となる可能性があります。

そのため受検と申請は余裕をもったスケジュールで行うことが重要です。


​※第3号技能実習については、実習実施者を変更すること(転籍)が可能となっています。
 この場合の技能実習計画の認定申請は、第3号技能実習を行う実習実施者が行わなければなりません。

 

申請された技能実習計画は、技能実習法に基づく基準に照らして審査が行われ、認定(あるいは不認定)の決定結果は機構より通知書が交付されます。


在留資格の変更許可申請

第3号技能実習の技能実習計画の認定通知書を添付書類として、地方入国管理局に在留資格変更許可申請を行い、在留資格変更の許可がされると、第3号技能実習生として引き続き在留することが可能となり技能実習を開始することができます。

この第3号技能実習を修了するまでに、実習生は第3号技能実習で設定した目標(2級の技能検定、又はこれに相当する技能実習評価試験の実技試験の合格)の達成に向けて、技能を習得しなければなりません。

 

© 2018 亜細亜の橋 rss