実習実施者の役割

実際に研修生を受け入れ、実習を行っていただくのは実習実施者となる各企業様です。

各企業様はまず、当協同組合にご加入いただき、組合員となっていただきます。
もちろん「亜細亜の橋」の理念や目的にご賛同いただける企業様が対象となります。

組合員となられた各企業様は、実習実施者となり、技能実習生に対し実際に技能等を修得させる立場となります。

当協同組合は組合員(各企業様)のご発展とアジアを中心とした新興国の人材育成に寄与することを目的として、その責任と監理の下で技能実習生を受け入れ、技能実習を実施する組合員(各企業様)における技能実習1号と技能実習2号、および3号による期間を通して技能実習が適正に実施されているかの確認や指導を行います。

組合員(各企業様)は、技能実習指導員を配置して技能実習計画に従って技能実習を実施すると同時に、生活指導員も配置し、技能実習生の生活管理にも細かく配慮するなど、技能実習が円滑に行われるようにする義務を負います。

 

実習生を受入れるメリット

・5年以内と定められた期間、日本に滞在してさまざまな企業様の現場で直接、指導を受け、技能を習得できる制度です。

・新興国から来日する実習生は、具体的な夢や目標を持って来日します。
 高いモチベーションを持つ実習生たちは技術の習得も早く、
 意欲的に作業に取り組むので作業効率の向上が期待でき、職場を活性化します。
 また実習期間が最長5年と改定され、より深く技能を習得できることとなりました。

・通訳を介した指導や監査など、監理組合との連携のもとで適正に運営されるので、
 健全で安心な職場監理ができます。

・実習生の受け入れにより、各企業様は実習生の出身国との交流が生まれ、
 海外との取引機会や情報の入手が容易になります。

・実習生は帰国した後、母国にて習得した技術を活用して母国の発展に大きく貢献することでしょう。
 それは研修を実施した各企業様にとっては大きな国際貢献事業であり、将来の発展につながる実績となります。

 

技能実習生の出身国、身分、年齢、実習実績など

主な出身国: 中国・モンゴル・ベトナム・タイ・ネパール

 ※母国の産業発展のために高い目的意識を持ち、技能習得はもちろんのこと、
  日本語の習得や日本文化の理解に努める資質の高い人材をアジア各地にて募集しています。

 ※送出し機関は当組合と事業協定を締結し、技能実習生の募集・事前審査・選抜と、
  技能実習生が入国するために必要な諸手続きを担当します。

  なお、技能実習生が所属する母国の企業や、送出し機関を推薦する政府機関、
  渡航前に事前講習を行う日本語学校等も送出し機関に含まれます。


年齢 : 平均年齢18才~30才

身分 : 国や職種によって異なりますが、大学在学中の者、社会人として該当職種の経験がある者など。

 ※すでにある程度の技術を習得している実習生のご要望についてもご相談に応じます。

 

これまでの主な実習先・職種について

北海道 酪農
埼玉県 農業
栃木県 農業
兵庫県 農業

三重県  電気製品組立(トヨタ、パナソニック関連企業)
三重県  建材加工
三重県  土木建築
三重県  鳶
三重県  溶接

愛知県 プラスチック加工成型
九州内各県  食品加工
九州内各県  農業
九州内各県  養鶏
九州内各県  漁業

 

© 2018 亜細亜の橋 rss